グルコサミン情報局:トップ > グルコサミンの摂取量
グルコサミンの必要摂取量は1日あたり1000〜1500mgといわれます。

グルコサミンの摂取量は?グルコサミンの摂取量は?

元気な毎日のためにグルコサミン摂取を続けている愛用者は、かなりの数に上るものと考えられます。
もともと食品ですから特に危険性の心配がないという点も、人気のもととなっているようです。
ただ、早く実感したいからといって、一気に摂取量を増やすというのは、オススメできません。
いくら大量に摂取しても、吸収できなかった分は、早晩、体外へ排泄され無駄に終わってしまうのです。
グルコサミンの場合、個人差もありますが、大方の専門家の一致した意見では、摂取量の目安は、1日当たり1000~1500㎎となっています。
市販されているサプリメントも、だいたいこの線に沿って製造されています。

グルコサミン、摂取量が過剰になっても...

摂取量が仮に過剰になったとしても、グルコサミンによる深刻な健康被害は、これまでのところ報告されていません。
まれに、過剰摂取で、胸やけ、消化不良、胃痛、吐き気などが引き起こされるケースもあるにはあります。
もっとも、何事も食べ過ぎれば体調不良を起こすのは、どんな食材でもごく普通に見られることであり、深刻に考えることはないでしょう。

グルコサミン、通常食だけで摂るのはたいへん

グルコサミンは、ブドウ糖のグルコース、アミノ酸のグルタミンから成っている物質です。
動植物の体に含まれる物質であり、人間の体内にも存在しています。
当然、食品にも含まれているのですが、いかんせん含まれる量はごくわずかで、摂取量は必要量に到底及びません。
そこで、サプリメントが持てはやされることと相なるのですが、何れにしても、長期間にわたって摂取を続けることが望まれます。
グルコサミンは、適切な摂取量を守り、継続することで、だんだんと実感できるタイプの成分だからです。
IT用語