トップ > グルコサミンの危険性 > グルコサミンの場合、不具合は危険性というより原料に起因する グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。

グルコサミンの場合、不具合は危険性というより原料に起因する

仮に、グルコサミンで何らかのトラブルが心配されるとすれば、それは危険性というよりは原材料に起因するものと考えられます。
現状では、エビやカニなどの外殻のキチン質という部分から抽出されるのが主流となっています。
甲殻類アレルギーがある場合は、使用を見合わせたり、甲殻類以外の原料を使っているものを選んだりする必要があるでしょう。
また、サプリメントに限らず、何事にも適量というものがあります。
普通の食事にでも適量はありますからね。
早く実感したいと、一度に大量に摂取したとしてもあまり有効ではありません。
その時、余分な分は排泄される...あるいは、危険性うんぬん以前に体調をくずすこともあり得ます。
グルコサミンの場合、個人差もありますが、1日当たりの摂取量の目安は1000〜1500㎎という辺りが大方の専門家の一致した意見です。
サプリメントとして利用する場合は、「もともと食べ物だから」と大量摂取するのではなく、適正量を参考にしましょう。
そうすれば、危険性もなにするものかです。
……カテゴリトップへ

グルコサミンの危険性
グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。

≪ グルコサミンの危険性って? | トップページ | グルコサミンをたくさん含んだ食べ物 ≫

EDIT
関連記事
*****【グルコサミン情報局】コンテンツ抜粋*****
●グルコサミンをたくさん含んだ食べ物って?どれだけ食べ物でグルコサミンは摂れるの?・・・    ●グルコサミンはカニやエビの殻などに含まれる成分ですが、近年、その働きについての研究がすすむ注目の成分です。・・・    ●グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。・・・    ●グルコサミンの必要摂取量は1日あたり1000〜1500mgといわれます。・・・    ●グルコサミンのサプリメントは各社から発売されています。どんなグルコサミンサプリがあるの?・・・    ・・・    ・・・   
IT用語