トップ > グルコサミンの危険性 > グルコサミンの危険性って? グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。

グルコサミンの危険性って?

軟骨成分として、グルコサミンの働きが大いに注目を集めています。
コンドロイチンやヒアルロン酸などと共に、サプリメントとしても、通販などで売れ筋のトップクラスにランキングされています。
スムーズで快適な生活をサポートする成分として期待されているのです。
ですが、そういった働きが期待される一方では、危険性はないのか、気にする向きも少なからずあります。
結論からいえば、グルコサミンに関しては危険性の心配は無用といってよいでしょう。
そもそも、グルコースというブドウ糖とグルタミンというアミノ酸からなる物質であり、元々体の中に、存在している成分です。
人工的に生成された薬物とは違うのです。
……カテゴリトップへ

グルコサミンの危険性
グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。

≪ グルコサミンの摂り方は? | トップページ | グルコサミンの場合、不具合は危険性というより原料に起因する ≫

EDIT
関連記事
*****【グルコサミン情報局】コンテンツ抜粋*****
●グルコサミンをたくさん含んだ食べ物って?どれだけ食べ物でグルコサミンは摂れるの?・・・    ●グルコサミンはカニやエビの殻などに含まれる成分ですが、近年、その働きについての研究がすすむ注目の成分です。・・・    ●グルコサミンは薬ではないので基本的には危険性の心配もありません。ただ甲殻アレルギーの方は材料に気をつけましょう。・・・    ●グルコサミンの必要摂取量は1日あたり1000〜1500mgといわれます。・・・    ●グルコサミンのサプリメントは各社から発売されています。どんなグルコサミンサプリがあるの?・・・    ・・・    ・・・   
IT用語